日本版MBA|自分の目的に合わせてセラピストの資格を取得する

自分の目的に合わせてセラピストの資格を取得する

ノート

日本版MBA

男女

繰り返し問題を解く

企業でマネジメントをする際、有利になる資格が中小企業診断士です。この資格は日本版のMBAと言われ、マネジメントに関する包括的な知識を習得することができます。この資格の難易度はかなり高く、最終合格率も約5〜9%とかなり低くなっております。試験の特徴として、試験科目は一次が7科目、二次が4科目と多いです。そして一科目当たりの範囲が非常に広範囲です。例えば、経営法務という科目を一つとっても会社法、特許法、民法等複数あるので、まともに勉強したらとても時間が足りません。また、試験問題は毎年同じような論点が繰り返し出題されます。ですので、過去問を中心に試験に出るところだけを勉強する方が効率的です。また一次と二次に共通する科目は二次の試験内容を意識しながら勉強すると後々有利になります。

安く勉強できる

マネジメントの勉強として、いわゆるMBAを取ろうとすると海外の有名大学での資格取得を想像するでしょう。その場合、個人で留学するとなると年間で数百万円にもなります。生活費等も考慮したら取得までに一千万円はかかってしまうでしょう。あるいは企業の選考を無事通過し、海外留学をさせてもらえる可能性もありますが、それも非常に狭き門です。しかしながら、この中小企業診断士という資格を取ろうとした場合、受験機関に行ったとしても数十万円程度で資格取得が可能です。それにも関わらず、マネジメント全体の知識を習得することができます。ですので、海外MBAはちょっと難しい、でもマネジメントの勉強はしたいという人には最適な資格と言えます。実際そのような人が多く、ビジネスマンに人気の資格です。