自分の目的に合わせてセラピストの資格を取得する

ノートとペン

気軽なカウンセリングとは

ウーマン

日常的な視点と自由な料金

心理カウンセリングと言うと、精神科や心療内科で主にうつ病などの精神疾患を抱えた方向けに行われる医療行為という印象を持っているでしょう。しかし、実際にはカウンセリングの種類は様々で、セラピストとして医療行為ではない対話による癒しを提供している方もいます。近年セラピストの資格は人気を集めていますが、その理由として日常的な視点から相談者に寄り添ったアドバイスができること、料金を自由に設定できることが挙げられます。セラピストによるカウンセリングは医療行為ではなく、日常の些細な問題でも気軽に相談できるため、家族や友人が悩みを抱えていることをきっかけに資格取得を目指す方が多いです。また、自分が提供するサービスに見合った料金設定が可能なので、相談者にとってもセラピストにとっても利益が大きいことも加わり、現在資格試験合格を目指す人が多くいます。

取得後の進路を調べよう

セラピストの資格を取得したいと思った場合、まずは情報収集を行ってどのようなライセンスがあるのかを調べるのが基本です。現在、カウンセリング系のセラピストの資格は増加傾向にあり、自分にとって最適な資格はどれかをしっかりと見極める必要があります。資格を調べる際に最も注意したい点は、取得後にセラピストとしてどのような活動ができるのかということです。比較的新しい資格は、大きな組織が設立したものであれば団体や個人でセラピストの活動が可能な場合もありますが、中には小規模でまだ認知されていない資格も多くあります。しかし、認知度の低い資格にもユニークで有用なセラピーの理論を学べるものが多くあるため、何のためにライセンスを取りたいのかを具体化しておくことが大切と言えます。

幼稚園の先生の資格を取る

女性と子供

幼稚園教諭の資格は、大学を卒業していなくとも、特例措置で取得することも可能です。保育士の業務経験があることで資格試験を受験できます。また、短大卒の人のための通信課程もあります。また、幼稚園教諭の資格があることで、保育園で働くことも可能です。

もっと読む

中小企業診断士が人気

PCを操作する人

ビジネスマンに人気のある資格として「中小企業診断士」があります。中小企業診断士は、中小企業の課題解決をするための国家資格です。仕事上の基礎知識をしっかり学ぶ必要があるため、ビジネスマンに人気があるといいます。ほかにはIT系の資格を得たり、英語習得を目指すというのもビジネス上大いに役立つことでしょう。

もっと読む

日本版MBA

男女

マネジメントに関する資格として中小企業診断士と言う資格があります。これは日本版MBAとも言われ、マネジメントに関する包括的な知識を習得することができます。難易度は高いですが、海外留学のMBAと比較しても安価に取得可能で、ビジネスマンにも人気な資格です。

もっと読む